善玉菌を増やすために、毎日少量でも食べる

乳酸菌と言えば、すぐに浮かぶのがヨーグルトです。ここ近年は、ヨーグルトの種類も増えています。ヨーグルトは、手軽に食べる事ができるので、冷蔵庫には常備していますし、旅行に出かけても、朝食やおやつに摂っています。便秘解消で食べ始めたのではなく、20代のころには気がついたら毎日摂っていました。何となく健康に良いと言うイメージがあったからだと思います。肌の調子も、腸の調子も良いです。旅行などで、どうしても食べる事ができない場合は、心なしか腸が元気でない気がします。自宅で食べる時は、無糖のヨーグルトに、フルーツをのせて食べています。家族のものは、少し甘みが欲しいのか、ハチミツを少量かけます。
また、キムチやピクルスの発酵植物製品も摂っています。ピクルスは、大好きなので、多めに作り冷蔵庫に置いてあります。キムチは、私以外好きではないので、気が向いたときに1人分購入します。
自分が子供の頃や、我が子が小さい時は、乳酸菌飲料をよく飲んでいました。少し、甘すぎるかなと感じますが、子供のおやつとしては、手軽に乳酸菌が摂れるし、飲みやすいので与えていました。
毎年の健康診断では、善玉菌を日々摂っているせいか、善玉コレステロールの値は常に良いです。健康状態をみて、ヨーグルトは、風邪の時で、吐き気のある時や下痢の時は避けています。反対に熱があるときは、食べています。最近は、サプリメントも出ていますが、私はヨーグルトやピクルスなどの発酵植物品が好きなので、今の所は必要ないのかなと感じています。


たぶん効果があると思います

この年齢になると健康面で気になるところが色々出てくるので、健康に良いと言われるものにはそれなりに関心があります。
昨今では様々なサプリメントが市販されており乳酸菌が入ったものも多くありますが、やはり家庭の主婦としては倹約第一。
サプリメントにあまりお金をかけられないのが実情です。
そんな中でヨーグルトは手軽に購入できる値段なので毎朝かかさず食べるようにしています。
ヨーグルトもピンキリで高いものから安いものまで色々ありますが、価格面と手軽さから我が家では3連のカップヨーグルトを購入しています。
本当は成分などを見比べてより良いものを購入するべきなのでしょうが、なかなかそうはいかないのが現実なので値段的にはそこそこの物を選んでいます。
朝食時に摂るようにしているのですが、朝の忙しない時間に皿に開けたり、何かをトッピングしたりする手間がいらないのでカップヨーグルトは共働き家庭には大変ありがたい存在です。
効果のほどは目に見えてここが変わったというのはよくわからないないのが正直な感想ですが、以前は少し生活が乱れると必ず便秘になり薬を飲まないと解消しなかったものが、数日で自然と便通があるようにはなりました。
食べているヨーグルトは免疫力アップに特化したものではないのですが、風邪をひきにくくなっているのも確かでここ数年我が家では風邪にもインフルエンザにもかかっていません。
毎年受診している健康診断でもすこぶる良い結果を得られているのも毎日食べているヨーグルト効果が少なからずあるのではないかと思っています。

更新履歴